KimagureLife

見たものや感じた事をありのままにお届けする雑記ブログ

9月18日・新発売『カップヌードル ビッグ 帰ってきた謎肉祭 W』で2種類の謎肉を堪能!

f:id:feellife:20170919182254j:plain

f:id:feellife:20170919182649j:plain

2017年9月18日、全国にて発売開始となった『カップヌードル ビッグ 帰ってきた謎肉祭 (なぞにくまつり) W』のレビューだ!なんと通常と白の2色の謎肉が入ってダブルで楽しめるとの事。今回は近場のミニストップで購入してみたので早速感想を書いてみようと思う!

 

¥221(税込)

・カロリー  499kcal
・炭水化物  58.6g
・たんぱく質 14.4g

 

見た目

f:id:feellife:20170919182721j:plain

普通のカップヌードルとは違い、麺が隠れる勢いでほぼ謎肉がメインでごろっと転がってます。割合も丁度同じくらい。白と黒でなんだかオセロみたい。

 

f:id:feellife:20170919182817j:plain

お湯を入れて3分待つぞ。

 

f:id:feellife:20170919182836j:plain

しっかり熱湯を吸ってきててうまそう!

 

感想

f:id:feellife:20170919182915j:plain

麺はやっぱりコレって感じ。昔から変わらずのこの味は安定の美味しさ。

 

f:id:feellife:20170919183215j:plain

 

~謎肉~
豚肉や野菜などの素材で作られてるらしい。

カップヌードル=謎肉。これが無ければ何も始まらない。もはや謎肉が無ければそんなの「ヌードル」を抜いてただの「カップ」だ。

味に関してはこちらも安定の美味しさ。そして自分なりにおすすめの謎肉の食べ方がある。お湯の通り加減は外側はふんわり、中心部は若干サクッと食感が残るくらいが最高!3分経ったらすぐに食べるのがコツ!皆も是非やってみてくれ!

もちろんしっかりスープを吸った状態でもしんなりしてウマいぞ!

 

~白い謎肉~

こっちは鶏肉や野菜などの素材で作られているらしい。

白い謎肉とはなんぞや…。そう思いつつまず一口。お、これは美味い!なんというか鶏肉ベースで作られていて、それに野菜の旨みも加わって味わい豊かなつくねのような感じで優しいおいしさが感じられる。

多分大きなつくねで作っても美味しいだろうけど、この謎肉サイズだからこそ小さくまとまった素材の旨みが更に楽しめるんだと思う。それだけではなく普通の謎肉の食感、風味を残しつつ出来上がっているのがこの白い謎肉。それぞれ違った2種類の美味しさが楽しめるぞ!

公式HPでも現時点では期間限定との表記は無いが、恐らく数量限定だと思うので謎肉ファンは近場のコンビニへ急げっ!

長谷寺~飯山観音~(厚木市)縁結びの御利益があるパワースポット

f:id:feellife:20170919081131j:plain

どーも!今回は厚木市飯山にある飯山観音とも称されるこの長谷寺に訪れた際のレポートです。宮ヶ瀬湖を出たあと、折角なので厚木のスポットに立ち寄ろうと思い向かったこの場所、縁結びの観音様があるパワースポットとしても有名です。

 

www.kimagure-freelylife.net

1-飯山観音駐車場から石段を上がる

f:id:feellife:20170919083230j:plain

60号線沿いにある飯山観音入口の信号を曲がり、突き進んでいったところに駐車場があります。そこに車を止めてから手前の石段を上ることに。パッと見は大した事なさそうに見えますがこの階段、高さがありかなりきついですw

 

f:id:feellife:20170919083407j:plain

f:id:feellife:20170919083828j:plain

階段を上ったところにある「イヌマキ」です。こちら「かながわの名木100選」に選ばれており、樹齢400年といわれる厚木市天然記念物にも選ばれているそうです。ずっしりと構える太い大木からはやはり長年生き続けていたパワーを感じます。

 

う~ん。大先輩にえいっ!とやったら流石に怒られそうなので更に石段を上り最上段へ辿り着きます。

 

2-本殿前~広場~

f:id:feellife:20170919083933j:plain

まずこの空間がいきなり目に飛び込んできます。周りの人はだれも居なかったのでかなり神秘的な雰囲気を感じ鳥肌が立ちそうになりました。言葉が変かもしれませんがなんというかすごく格好いいです。

 

f:id:feellife:20170919084147j:plain

広場右手にある、県指定重要文化財に選ばれており「飯山の隠れ鐘」と呼ばれる銅鐸です。こちら、住職が鳴らすのを怠りそれが原因で鐘が行方不明になる。その後に夢のお告げにより掘り出されて見つかるという話があります。なんとも不思議な話が伝わる歴史ある鐘です。

 

夢の仕組みが気になった人は是非コチラも↓↓

www.kimagure-freelylife.net

 

f:id:feellife:20170919084946j:plain

f:id:feellife:20170919085009j:plain

この見晴らしが凄く良い。イメージ的に言うとアニメ「ひぐらしのなく頃に」が好きな人ならきっとこの場所も気にいるはず。落ち着いた場所で素晴らしい開放感を味わえます。

 

3-白山ハイキングコース(山頂展望台へ向かう)

f:id:feellife:20170919154619j:plain

境内裏側にはこんな看板が。この裏には山頂展望台があるそうです。お寺の住職さんに聞いてみた所、山頂までは片道30分~40分くらいかかるとのこと。一瞬迷ったけれども走れば10分位で着くだろうと思い登り始める。このときの安易な気持ちが後で後悔を生み出すとは思いもしなかったが…w

 

f:id:feellife:20170919155056j:plain

入り口にはこんな柵があります。なにやら野生動物の侵入を防ぐための柵で、電流が流れているそうです。どこからどんなふうに流れてるのか分からず少しびびりましたが、とりあえず取っ手の部分は大丈夫でした。柵の中に入りいざ出発!

 

f:id:feellife:20170919155243j:plain

体力が有り余ってたので走って登るというファインプレー。途中にあるベンチで休憩も出来るみたいですが一切使わず頂上を目指します。

 

f:id:feellife:20170919155452j:plain

徐々に疲れてくる。おかしいこんな予定じゃなかった。

 

f:id:feellife:20170919155540j:plain

頂上の看板が。息切れが半端じゃなく、足もパンパン。正直死んでしまいそう。

 

f:id:feellife:20170919155637j:plain

え、これが頂上か?まてまて流石にしょぼいぞと思っていたら反対側に展望台があるのでそちらへ向かうことに。

 

f:id:feellife:20170919155731j:plain

サンダルなんかで調子に乗って走って上ってきた事をこの時点で激しく後悔してましたwやっと見えてきた展望台が天国のように思えます。

 

4-白山展望台

f:id:feellife:20170919160008j:plain

f:id:feellife:20170919160031j:plain

f:id:feellife:20170919160045j:plain

展望台からの景色は…

 

f:id:feellife:20170919160126j:plain

f:id:feellife:20170919160138j:plain

f:id:feellife:20170919160321j:plain

最高。登ってよかった。一枚目の手前は厚木市内でしょうか、かなり奥まで街並みを見渡せるほど高い位置にあるみたいです。そりゃこれだけ時間かけて登ってきたんだから当たり前かw

 

f:id:feellife:20170919160335j:plain

展望台下にあったベンチから。途中にあったのは一切触れず登ってきたけれど、いやぁベンチって素晴らしい。そしてここに座って眺める景色も最高。お弁当とか飲み物とか持って来てここで食べるのも良いかもしれません。ちなみにこの時は汗だくだし、喉も渇いてたし、足腰は痛いしで大変でしたw

 

登る際はサンダルなんかじゃ絶対にNGです。後で自分を恨む事になります。それと水分補給する為に飲みものと、暑い日でしたらタオルとか、一通りの山登りセットを持って登ったほうが良さそうです。この投稿を見て興味持った人は是非参考にして貰えればと思います!

 

5-おまけ

f:id:feellife:20170919160643j:plain

行きはきつい男坂。帰りは女坂を通ってみました。そして下山中にはこんな感じの場所がいくつかあり、落ちたらいっかんの終わりです。少し大げさですがwまあ間違いなく大怪我はするだろうという細い道がありました。皆様、お気をつけ下さい。

 

下山後、長谷寺を出て飯山温泉「ふるさとの宿」へ向かいます!

2017年~興津湾灯籠流し~夜の海に浮かぶ幻想的な光景【千葉・房総日帰りの旅~9】

f:id:feellife:20170913173543j:plain

2017年8月13日、千葉・房総の旅の締めくくりとして、興津湾海浜公園にて開催した灯籠流しという、お盆真っ只中にピッタリのイベントに行ってきた際のレポートです。

 

不老山薬師温泉を出てから車を飛ばすこと1時間半。途中でどう考えても間に合わないから引き返そうかという選択も頭によぎりつつ、とりあえず行くだけ行ってみようと思い現地へ向かいました。

 

www.kimagure-freelylife.net

 

f:id:feellife:20170913174510j:plain

結論を言うと目当ての光景は見れました。到着時には開催時間が1時間近く過ぎておりましたが、興津湾の静まり返った夜の海の上、恐らく大半が消えてしまっておりましたが、まだ数え切れるくらいの数の灯籠がちらほらと。それはそれはとても神秘的な空間に感じました。

 

f:id:feellife:20170913175123j:plain

そして半端じゃないくらい星がキレイでした。こんな素晴らしい星空を見たのはここ10年ほどなかったですね。もはやプラネタリウムかって。

 

f:id:feellife:20170913175522j:plain

打ち上げられた海藻。

 

f:id:feellife:20170913175902j:plain

おお、ウミガメも来るのか。確かに暗くてもライトで照らせばすぐに分かるくらい、高い透明度の海なので納得です。

 

f:id:feellife:20170913180030j:plain

今回、初めて房総半島を約半周以上してきましたが、たった1日では楽しみきれないほどの素晴らしいスポットがあることを知りました。今度はもっと時間を作ってゆっくり色んな場所を回りたいですね。もちろん行きたくても行けない場所も沢山ありましたし、この灯籠流しのイベントも来年は開催時間内に絶対に来ようと思ってます!

とてもいい経験が出来たと思えた日帰り旅行でした^^v

 

↓↓千葉房総の旅まとめ↓↓

 

www.kimagure-freelylife.net

www.kimagure-freelylife.net

www.kimagure-freelylife.net

www.kimagure-freelylife.net

www.kimagure-freelylife.net

www.kimagure-freelylife.net

www.kimagure-freelylife.net

 

data-full-width-responsive="true"