KimagureLife

見たものや感じた事をありのままにお届けする雑記ブログ

巨人への道~ケーブルカー線路越しの眺めと283段の階段~

f:id:feellife:20170903192658j:plain

ゆうひの丘の夜景を堪能した後は『巨人への道』へ行って参りました。

 

 

1-巨人への道~頂上~

f:id:feellife:20170903192715j:plain

京王よみうりランド駅から読売ジャイアンツ球場へと続くゴンドラの真下。合計283段にもなり、最上段からは穴場的雰囲気な夜景が楽しめるスポットになりますが、訪問時は既に日が登っており明るいです。。

 

2-283段の階段

f:id:feellife:20170903192729j:plain

f:id:feellife:20170903192730j:plain

折角なので今回は最上段から下へと降りてみることにします。こちらも何度か来たことはあるものの、実際に階段を使うのは初めてです。

正直言えば283段の階段なんて全然余裕だろう。そう考えていましたが、後半でどれだけのものなのか身をもって実感することになります(笑)

f:id:feellife:20170903192755j:plain

f:id:feellife:20170903192756j:plain

f:id:feellife:20170903192759j:plain

方面的には稲城・調布市内でしょうか。最上段から見えるパノラマは近づけば広がり開放的な気分を味わえます。画像に見えるのがゴンドラのワイヤーですが、こう見るとケーブルカー的なものは細いワイヤーでとても重い物を運ぶし凄い仕組みだなと改めて実感します。

f:id:feellife:20170903192824j:plain

どんどん降りていきます。よみうりランド駅から登ってきたであろうサラリーマン。そして早朝の散歩なのかおじいちゃんとすれ違います。皆とてもしんどそうな顔と少し息を切らしながら階段を登っていく様子でした。正直言えばそんな疲れるのか?と甘く見ていましたね。。

f:id:feellife:20170903192841j:plain

階段の丁度真ん中辺りにベンチとゴミ箱。そして灰皿がありました。

f:id:feellife:20170903192907j:plain

f:id:feellife:20170903192927j:plain

すいすい降りていきあっという間に下まで到着です。知らない人が見たらまるで大きな変電設備のようにも見えるゴンドラの根本です。なんというかとても機械的な力を感じます(笑)

 

3-巨人への道~入り口~

f:id:feellife:20170903193001j:plain

降りきったところで折り返しスタートです!

f:id:feellife:20170903193016j:plain

丁度この写真を撮っている時にアシナガバチと遭遇(-_-)

びびりな私はこの階段を全速力で駆け上ります…が、少し上った所で息切れが半端じゃない事になりました。

f:id:feellife:20170903193045j:plain

はい。非常に疲れます。いきなり走ったせいもあったのかめまいまでしてきそうな勢いです。

恐らく地形的に階段そのものが斜めっているのかと思われます。どうりで下るときは普通の階段よりも楽に感じたわけです。そして途中ですれ違った人たちの気持ちがやっと理解できました(汗)

f:id:feellife:20170903193100j:plain

あと51段。最後はもはや山登りのような気分で頂上まで辿り着きました。

f:id:feellife:20170903193128j:plain

階段を登りきった後は汗もかいたので水分補給。いや~疲れた。これが夜だったらここから眺められる夜景にどれだけ癒やされたことか。

ただ、明るい内に来たのは初めてでしたが夜景スポットだと夜と昼、それぞれ全く違う雰囲気にもなるのでそれもまた面白いと感じました。

 

巨人への道(稲城・よみうりランド周辺)

住所: 東京都稲城市矢野口4019


それではまた次回まで。

ゆうひの丘・桜ヶ丘公園【夜景】三多摩の代表的ドライブスポット(東京都多摩市)

f:id:feellife:20170903191845j:plain

東京・三多摩地区の代表的な夜景スポット。聖蹟桜ヶ丘へ行ってきました。

 

1-目印の信号~公園入り口

f:id:feellife:20170903191854j:plain

京王線の中河原駅から新府中街道を南下して多摩川に架かる関戸橋を越えます。

川崎街道と交差する新大栗橋を左折してそのまま400mほど直進。「向ノ岡」という交差点が目印です。こちらを右折して進めば少し分かり辛いですが、桜ヶ丘公園へと向かう目印になる信号が見つかります。

f:id:feellife:20170903191907j:plain

こちらを左折。急な坂道を登っていきます。住宅街を通るので近隣のご迷惑にならないようにもし自動車で行く場合はお静かに。。

 

f:id:feellife:20170903191924j:plain

途中、Y字路にぶつかりますがメインの展望台があるスポットへ向かうので左の道を進んで行きます。

 

f:id:feellife:20170903191933j:plain

住宅街を抜ければすぐに桜ヶ丘公園が見えてきます。このあたりから徐々にいい感じの雰囲気が出てきます。

 

 

f:id:feellife:20170903191941j:plain

ウォーキングゾーンとのことです。地元住民の方たちが散歩でもされるのでしょう。事故にはくれぐれも気をつけてください。

 

f:id:feellife:20170903191959j:plain

こちらが展望台へと向かう階段。もう少し登れば途中から坂になっている入り口もありますが今回はこちらから。

 

 

2-公園内~小さめの広場

f:id:feellife:20170903192018j:plain

こちらは階段を登りメインスポットの一段下に当たる小さめの広場です。

 

f:id:feellife:20170903192036j:plain

f:id:feellife:20170903192040j:plain

珍しい水飲み場もありました。犬を飼っている方は連れて来ても良いかもしれませんね^^

 

f:id:feellife:20170903192049j:plain

更に階段を登り…待ちに待ったメインスポットに向かいます。ちなみにこちらの広場、女優・新垣結衣さんも出演していたTOKIOの長瀬智也さん主演『マイボスマイヒーロー』の撮影にも使われています。詳細はネタバレになってしまうので避けますが、見たことある人ならば気づくと思います。

 

3-メインの広場

f:id:feellife:20170903192112j:plain

f:id:feellife:20170903192116j:plain

f:id:feellife:20170903192118j:plain

3つほどあるベンチに腰掛け眺める素晴らしい夜景。うん、ずーっと見てられます(笑)

 

4-全体図・注意事項

f:id:feellife:20170903192139j:plain

f:id:feellife:20170903192144j:plain

公園全体図を見れば桜ヶ丘公園全体の大きさに驚きます。歴史的建造物となる「旧多摩聖蹟記念館」やドッグラン、その他の広場もあるのでまた今度晴れた日の日中にでも訪れて見ようと思います。

 

f:id:feellife:20170903192153j:plain

何度も訪れて居る公園ですが、いつ来ても素晴らしいスポットでした。

 

聖蹟桜ヶ丘・桜ヶ丘公園 ゆうひの丘 

住所:東京都多摩市連光寺5−15


巨人の道へと続く↓↓

feellifestyle.hatenablog.com

東扇島東公園【夜景】~川崎の砂浜から工業夜景を眺める~

 

初めての投稿ですが今回は川崎の東扇島東公園に行ってきました!

羽田方面から産業道路を南下して塩浜の交差点を左折。132号通りを進み千鳥町と東扇島を結ぶ「川崎海底トンネル」を抜ければ『東扇島』にたどり着きます。

そんな工業地帯の一角にひっそりと佇むこの公園。週末にはカップルや若者達が集まるようです。
 

1-公園の看板

f:id:feellife:20170903191109j:plain

公園入口の看板。奥へ進み駐車場に車を止め、野球やサッカーが出来る多目的広場を抜け人工砂浜を目指します。

  

2-公園全体案内図

f:id:feellife:20170903191145j:plain

訪問時刻はもうじき夜が明ける午前3時前。19時~6時の間は砂浜からすぐの範囲を含む駐車場の一部が使えないようです。 地図で見ると分かりにくいですが多目的広場はそこそこ大きいのでご注意を(笑)歩いて向かうこと2、3分ほどでメインの砂浜に到着です。

 

3-人工砂浜

f:id:feellife:20170903191157j:plain

公園先端に向けて道で囲まれるように人口の砂浜が現れます。こちらでは潮干狩りが楽しめるそうです。主にGWには多くの人が訪れるようですね。今は7月なので既にシーズンオフ...。また来年機会があればこちらでアサリを狩りでも来たいと思います。

 

4-砂浜を囲う通路

f:id:feellife:20170903191355j:plain

個人的にはこの写真が一番好きです。先端の行き止まりまで行くと海を挟んで数メートルの隙間があり砂浜を囲う反対側の通路へと続いています。こちらの写真、両サイドは海なので写真を取る際はスマホやカメラを落とさないように要注意ですね。カップルならば良いムードになるのは間違いなしです。

 

f:id:feellife:20170903191219j:plain

こちらは同じ場所で別日に撮影した画像です。比べてみればどんな雰囲気なのか伝わりやすいかもしれません。波のうねりも間近で感じれるので強風の時だったりしたら少し怖そうです(笑)

 

5-反対側の広場

f:id:feellife:20170903191435j:plain

逆側の通路の突き当たりです。3枚目の写真の丁度反対側に当たります。こちらは階段というか段差というかちょっとしたステージのようになってます。

f:id:feellife:20170903191506j:plain

段差はこんな感じです。歩き疲れたならここに軽く腰掛けて海を眺めるのもアリです。

 

6-砂浜沿いの道

f:id:feellife:20170903191052j:plain

グルッと回り初めの砂浜の反対側辺りです。一部ですが南国の雰囲気を醸し出してます。この写真の奥のほうでボンゴのような打楽器を楽しそうに叩いているグループが居て、更に雰囲気が倍増しました(笑)

 

7-砂浜沿いの道2

f:id:feellife:20170903191054j:plain

写真の通り花火は厳禁だそうです。歩いている限りではゴミは見当たりませんでしたが、 そのあたりを徹底しているから綺麗だったのかと。ただ、個人的には花火をして楽しむよりも落ち着いてのんびり散歩でもするほうがしっくりくるスポットかなと^^

 

8-屋根付きベンチ

f:id:feellife:20170903191536j:plain

歩き疲れたらベンチで一休み。しっかりした屋根なので少しの雨ならしのげそうです。といっても流石に雨の日に来る人がいるかどうかは不明ですが(笑)

f:id:feellife:20170903191550j:plain

最後にベンチの内側から。こちらも別日に訪問した際に撮影した画像です。晴れてる日は海に反射した太陽の光を感じながらここでくつろげます。近くに自動販売機とトイレもあるので完璧です。

 

東扇島東公園

住所:神奈川県川崎市東扇島58−1

 

 

終わりに

最後まで読んでいただけた方へ。初めての投稿ですがこんな感じでちょくちょく更新して行こうと思います。夜景に限らずイベントやニュース。グルメ等の内容も投稿していく予定です。他にも気になったことをぼやいてみたり。そんなしょーもないただのきまぐれブログですが楽しんで貰える人が増えてくれればうれしいです。
 
それではまた次回まで。